【成功遺伝子をONにする心のもち方】

人と上手くやるのはとても簡単なこと

人と上手くやるコツは一つしかありません。
それは、相手の立場に立って接することです。

いつも笑顔で接すればいいし、相手の良い所を見つけて褒めてあげればいいのです。
逆に自分のことばかり考えているから人とも上手く行かないし、落ち込むのです。

そんな暇があったら、人のことを褒めてあげて、人のために尽くしてあげたらいいのです。
そうしたら、どんな人とでも上手くやれます。

「ぼくは人と上手くやれない…」と言って落ち込んでいるのは、暇過ぎるからだと思います。
どんどん実行すれば良いのです。

何でもいいから人のことを褒めてあげるのです。
そうやっていれば疲れなくなります。
一人でボーっと考えている方が余程疲れます。

良いところを見つける訓練をするのです。
人に良いことを言ったら、絶対に良いエネルギーが返ってきます。

人からマイナスの思いが来ると思うから疲れるのです。
人のために行動したり褒めたりすることで、精神的に疲れることはありません。

疲れるのは、自分の中からマイナスの思いが出てきたり、人からマイナスの思いをもらったりするからです。
それでは、どんどん疲れてしまいます。

いくら動き回っても、みんなと喜びを分かち合っていたら全然疲れません。


次の職場の人間関係を円滑にしたかったら、円滑にしようとは思わないことを読む

成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ