【成功遺伝子をONにする心のもち方】

喜びの方向にハンドルを切ろう

「そうは言っても今の状況を楽しむなんてできないよ…」
あなたはそんなふうに心の中で呟いているかもしれません。

もしそう思ったとしても、まずは「これで成長できるんだ」と思うようにしてください。
「本当の喜びが待っているんだ」と思うようにしてください。

そう思えるようにするには、ある程度自分の意志が必要なのです。
真我を体感しようとする時も、最初は自分の意志で近づくわけです。

真我とは自分が普段思っている心ではありませんが、そこに近づこうとするのは自分の意志なのです。
自分の意志で、その苦難を喜べるようになろうと思えばいいのです。

そこから出発です。
そんなに難しいことではありません。

ただそう思えばいいのです。

そう思うようにするというのは、車のハンドルみたいなものです。
車はエンジンが勝手に走らせてくれますが、ハンドルは自分の意志で回します。

どの方角に走らせるかは自分の意志で決めるしかないのです。
苦しみの方向に進むのも、喜びの方向に進むのも自分の意志で決められるのです。

落ち込んだと思っていることを、喜びに変えようと思えばいいのです。
そこから、どんどん気付きがあります。
「ああ、こういうことなんだなあ」と。

そういう方向に向けなければ、その方向の気付きはありません。
「落ち込んだなあ…」と落ち込んだままだと、落ち込んだままの発想しか出てこなくなります。

ですから、ハンドルを握って進行方向を切り換えなければならないのです。
それは自分の意志でやることです。

でもそこには何の労力もいりません。
ただそう思えばいいだけです。



次の苦境でこそ魂が成長できる…その事実がわかれば落ち込まなくなるを読む

成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ