「本当の自分」に目覚めれば社会が変わる  【成功遺伝子をONにする究極の方法】

リーダーに求められているのは強さでなく意識の高さだ

科学は時代とともに発展しています

エジソンが電気を発明したら、それを応用してあらゆる電気製品が開発されたように、
科学者たちは、先人が開発した技術を基礎として、さらに高度な技術を積み上げています。
科学は時とともに着実に進化しているのです。

その科学の発展と違い、意識の発展はどうでしょうか?

未だにキリストや釈迦の教えを学び、ほとんどの人が、それを現実の中で実践できずにいるのが現実です。
二千年以上も人類の意識は進歩していないのです。

科学だけが発達して、意識の進化がそれに追いつかなかったらどうなるでしょうか?
その答えが、今回のテロ事件です。

アメリカの首脳もまた、軍事力を使って報復攻撃をするという発想しかないのです。
“目には目を歯には歯を”では、太古の人類意識と全く変わりません。

私が近代の人物で最も尊敬するのは、かつてのインドの指導者マハトマ・ガンジーです。
彼は、“非暴力運動”によって、インド数億人の民を解放に導きました。

ガンジーは、特別何かをしたわけではありませんでした。
彼がやったことは、ただ断食をしただけです。
殴られても殴り返さず、ただじっと耐えていただけです。

しかし、彼の意識が多くの人の心を動かしたのです。

ガンジーの実例は、高い意識を持つというだけで、世の中を動かした典型的な見本です。
今、世界中の指導者たちが見習うべきは、まさにガンジーのような精神ではないでしょうか。

これからのリーダーは、より高い意識を持つことが絶対条件です。

自分たちの利益や、自国だけの利益を優先するのではなく、世界全体の調和を考えたよりグローバルな視点を持つべきなのです。
そんな大きな視点で物事を考えられる意識の高いリーダーこそが今求められているのです。

アメリカや世界の先進国のリーダーたちは、意識の高い愛の心を持った時に、初めて真の世界のリーダーになれるのです。
武力や経済力で他国を制圧することでは決してないのです。

同時多発テロ事件を教訓として、われわれは今こそそのことに目覚めなければならないのです。

次のたった二日で真我を体感でき、しかも実践に活かせるを読む

成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ