決断力すら要らない  【ムリな願望が成功遺伝子をOFFにしている】

「知る」でも「信じる」でもなく「見える」能力を身につけよう


そこで、私が提唱している能力は、「知る」能力でもなければ、「信じる」能力でもありません。

そのさらに上にある「見える」という能力です。

「見える」というのは、信じる信じないに関係がありません。

例えば、もし本当に見る目があるとしたら、顔を見ただけで、
一瞬の内にその人の長年歩んできた人生がわかってもおかしくありません。

今まで歩んできた人生経験が顔に滲み出るからです。

親の育て方、兄弟との付き合い、学校の先生の影響、いろいろあって今があるわけです。

暴力団員は、見ただけでその関係者だとわかります。

しかし、そういう人も、すっかり改心して出家でもしたら、人相まで変わってくるはずです。


次の「肉眼で見える」を読む

成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ