決断力すら要らない  【ムリな願望が成功遺伝子をOFFにしている】

道が見えれば決断力など要らない

ナポレオン・ヒルは、彼の著書「成功哲学」の中で、決断力の大切さについて次のように書いています。

「莫大な財産を築き上げてきた数百人もの人々を分析して明らかになったことは、
その“全員”が素早い決断力の持ち主であり、
そして、もし一度下した決断を変更しなければならないときには、
非常に時間をかけてゆっくりとやる、という事実です。

それに反して、富を築くのに失敗した人々は、“例外なく”決断を下すのが“非常におそく”、
それを“変更するのが非常に早く”、“しかもひんぱんである”、ということがわかっている。」

素早い決断力を持っている人は、
もし一度下した決断によって例え失敗したとしても、体験という貴重な財産や、
次なる成功へのヒントやノウハウを得ることができるのです。

しかし、いつまでも決断をせずグズグズしている人は、
その間何も得ることができず、ただ時間だけが経ってしまいます。
ですから、決断力のある人とない人とでは、長い人生の中で雲泥の差が出てしまうのです。

しかし、遺伝子を最大に活性化させるためには、決断力すらも不要なのです。

そもそも決断力が必要になるのは、左に行くべきか右に行くべきかがわからない時です。
そこで知識と経験と直観力をフル動員させて、どちらに進むべきかを決断するわけです。
その能力のことを決断力と言うのです。

しかし、もし左に行くべきか右に行くべきかがはっきりわかってしまったら、もう決断力はいりません。
ただ、行くべき方向に進めばいいだけです。

決断力や判断力という言葉は、道を知らない人が使う言葉なのです。
道を見える人にとっては、ただハンドルを右に回すだけです。

内なる神を自覚すると、物事の本質が見えてきます。
ものの本質が見えれば、もう決断力は不要になります。

そして、人生を誤った方向に舵を取る危険性がなくなるのです。


次の知っていることだけを基準にしていては本当の正しい判断はできないを読む

成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ