「信念」を持つことの弊害  【ムリな願望が成功遺伝子をOFFにしている】

信念の落とし穴3.ステップアップのチャンスを閉ざしてしまう

信念の落とし穴の三つ目は、ステップアップするチャンスを自ら閉ざしてしまうということです。

「私は会社で一番のトップセールスマンになるんだ」という信念を持っていた営業マンがいたとします。

そういう信念を本当に貫いて行ったら、確かにトップセールスマンになれるかも知れません。

しかし、多くのお客さんと接し、よりお客さんに満足していただこうと考えているうちに、
新商品のアイデアを思いついたとしたらどうでしょうか?

そのアイデアが開発され、会社に莫大な利益をもたらしたとしたら、
数多い営業マンの中で一番になることよりも、
はるかに大きく会社に貢献したことにならないでしょうか。

そのことから、単なる一営業マンという立場から、
商品開発の重要なポストが任されるようになるかも知れないのです。

最初に抱いた信念にいつまでもこだわっていたら、
決して「トップセールスマンになる」という発想から脱しなかったはずです。

意識を高めていけば、今まで思いもよらなかったアイデアや知恵が出てくるのです。

自らの活躍できるステージをステップアップしていくことができるのです。

次の「信念の落とし穴4.信念のパワーには限界がある」を読む

成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ