「信念」を持つことの弊害  【ムリな願望が成功遺伝子をOFFにしている】

信念の落とし穴2.時代の流れを見る目を鈍くしてしまう

二つ目は、信念はビジネスにおいて大きな欠点になるということです。

「私はこの仕事を一生貫くんだ」という信念を持っていた経営者がいるとします。

しかし、時代がどんどん移り変わり、もうその仕事を社会が求めなくなったら、
いくらその仕事に信念を持っていたとしても、その仕事で発展することは至難の技です。

時代の流れに取り残されていると、間もなく倒産の憂き目に遭ってしまいます。

信念を強く持っていれば持っているだけ、長くもがき苦しむことになるのです。

先の北澤氏のように
「父が苦労をしてここまで築き上げた会社だから、何が何でもこの会社を潰してはいけない」
という信念を持っている二代目経営者も多いのですが、
そういう信念も、時代が変われば大きな欠陥になる可能性があるのです。



次の「信念の落とし穴3.ステップアップのチャンスを閉ざしてしまう」を読む

成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ